• 亀渕友香 YUKA KAMEBUCHI / ジグザグ (酔いどれ天使のポルカ) / ひとりぼっちのトランプ (山下達郎,シュガーベイブ) (7
77年のシングル。74年のアルバム"Touch Me, Yuka"に"酔いどれ天使のポルカ"というタイトルで収録された来生姉弟の初提供となる楽曲を77年に再度シングル・カット。そして山下達郎(シュガーベイブ)もバック・コーラスで参加した心暖まるフリーソウル風味のフォーキー〜CITY POPナンバー"ひとりぼっちのトランプ"をカップリング!

CONDITION(DISK/JACKET):EX/EX-

FORMAT:7" / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:KITTY

CAT#:DKQ 1023

COUNTRY:JPN

YEAR:1977

DETAIL

COMPANY SLEEVE。右上角折れ小、軽度のシミ・ヤケ、裏歌詞に書込み小。

COMMENT

北海道札幌市生まれ、東京育ち、ボイストレーナーとして久保田利伸、MISIA、倖田來未、和田アキ子、平井堅等を指導し、ブルース、ジャズ、アフリカン音楽、ゴスペルと幅広い黒人音楽を吸収し活躍する女性シンガー「亀渕友香」の77年のシングル。作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:星勝。元々、亀渕の74年のアルバム"Touch Me, Yuka"に"酔いどれ天使のポルカ"というタイトルで収録された来生姉弟の初提供となる楽曲を77年に再度シングル・カットしたのが本曲。堺正章もカバーしたナンバーで、GSバンド「ザ・モップス」の星勝らしいアレンジも光るオールドタイム・フィーリン溢れる"ジグザグ (酔いどれ天使のポルカ)"、そしてオススメはオリジナル・ムーンライダーズでオルガンとして参加したキャリアを持ち、キャラメル・ママ、ティン・パン・アレー周辺人物で吉田美奈子、ムーンライダーズ等を始めアレンジャーとして数多くの作品を手掛けた、元矢野顕子の夫としても知られる「矢野誠」が作編曲、山下達郎(シュガーベイブ)もバック・コーラスで参加した心暖まるフリーソウル風味のフォーキー〜CITY POPナンバー"ひとりぼっちのトランプ"をカップリング!ちなみに74年のオリジナルはPOLYDOR盤で78年にキティ盤で再発されたアルバム"Touch Me, Yuka"は吉沢dynamite.jp監修「和モノ A TO Z」に掲載。

TRACK LIST

A,ジグザグ (酔いどれ天使のポルカ)

B,ひとりぼっちのトランプ

亀渕友香 YUKA KAMEBUCHI / ジグザグ (酔いどれ天使のポルカ) / ひとりぼっちのトランプ (山下達郎,シュガーベイブ) (7")

DKQ 1023

0円(税込)

在庫状況 売切れ中

購入数

CATEGORY

全ての商品 (新入荷更新順はこちら)

SPECIAL FEATURE / BLOG

TWITTER