• O.S.T.(大野雄二, ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド,木村昇) / ラヴ・イズ・エヴリシング / ルパン三世'80 (7
赤ジャケ時代の第二期テーマ(第104話〜第155話)で映画「カリオストロの城」でも主題曲として使われたテイクとなるビッグバンド・スタイルでヴァイブをメインで使った"ルパン三世'80"、木村昇のヴォーカル入りのメロウ・グルーヴ"LOVE IS EVERYTHING"をカップリング。

CONDITION(DISK/JACKET):EX/EX-

FORMAT:7" / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:日本コロムビア

CAT#:YK-130-AX

COUNTRY:JPN

YEAR:1979

DETAIL

COMPANY SLEEVE。JACKET左下軽度の折れ。裏ヤケ。DISC状態良好。

COMMENT

元々はモダン・ジャズのピアニストとしてキャリアをスタート後、藤家虹二クインテットでプロデビューし、白木秀雄クインテットを経て自らのグループを結成。70年代半ば以降は本人がクインシー・ジョーンズやスティービー・ワンダーを好んで聴いていたという通り、フュージョン〜クロスオーバーサウンドを取り入れ作品を発表、その後は日本人なら誰でも知っているこのルパン三世を始めTVアニメ、ドラマ、映画音楽を数多く手掛けた静岡県熱海出身の作曲家、ピアニスト「大野雄二」の代表曲!メンバーはその都度変わるがバックは松木恒秀、渡嘉敷祐一、数原晋、杉本喜代志等と結成したユー&エクスプロージョン・バンド(You & Explosion Band)!赤ジャケ時代の第二期テーマ(第104話〜第155話)で映画「カリオストロの城」でも主題曲として使われたテイクとなるビッグバンド・スタイルでヴァイブをメインで使ったオナジミのヴァージョンとなる"ルパン三世'80"、同じく(第104話〜第155話)までエンディング・テーマとして使われた大野雄二が手掛けた和モノ定番サントラ「大激闘 マッドポリス'80」の"愁いの街"を歌った木村昇のヴォーカル入りのメロウ・グルーヴ"LOVE IS EVERYTHING"をカップリング。

TRACK LIST

A,ラヴ・イズ・エヴリシング / LOVE IS EVERYTHING (木村昇 NOBORU KIMURA)

B,ルパン三世'80 (大野雄二, ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド)

O.S.T.(大野雄二, ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド,木村昇) / ラヴ・イズ・エヴリシング / ルパン三世'80 (7")

YK-130-AX

0円(税込)

在庫状況 売切れ中

購入数

CATEGORY

全ての商品 (新入荷更新順はこちら)

SPECIAL FEATURE / BLOG

TWITTER