スピック & スパン SPICK & SPAN / WINDY ISLAND (LP)

型番 RPL-8192
販売価格 0円(税込)
在庫数 売切れ中

SOLD OUT
'83アルバム。ジャヴァン作のナンバーを本国リオ出身のレイラ・マリアが歌った"AQUELE UM (おかしな聖者)、洗練されたピアノの音色に酔いしれるセルジオ・メンデス等の演奏でもオナジミのナンバーを取り上げた"ULTIMA BATUCADA"、「アジムス / AZUMUTH」のナンバーをクラップ入りで取り上げたサンバ・フュージョン"TOQUE DE CUICA (鳴らせクイーカ)"等ジャケ通り真夏に聴きたい和製ブラジリアン・フュージョン・アルバム。

CONDITION(DISK/JACKET):EX/EX

FORMAT:LP / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:RCA

CAT#:RPL-8192

COUNTRY:JPN

YEAR:1983

DETAIL

帯付。帯裏シミ。解説INSERTヤケ。DISC状態良好。

COMMENT

後の1987年のアルバム"Vista Nova"が吉沢dynamite.jp監修「和モノ A TO Z」誌に掲載されたドラムの吉田和雄をリーダーにCITY POP〜LIGHTMELLOWで取り上げられるアルバム"ファースト / FIRST"が有名な鈴木勲グループにも在籍した女性ジャズ・フルート奏者「小宅珠実」等によるブラジリアン・フージョン・グループ「スピック & スパン SPICK & SPAN」の'83アルバム。ゲストには板橋文夫、川崎遼等のグループで活躍していた名古屋市出身のジャズトロンボーン奏者「向井滋春」(tp)他、レイラ・マリア(vo)、中村善郎(vo/g)が参加。ジャヴァン(DJAVAN)作のナンバーを本国リオ出身のレイラ・マリアが歌った"AQUELE UM (おかしな聖者)、洗練されたピアノの音色に酔いしれるセルジオ・メンデス等の演奏でもオナジミのナンバーを取り上げた"ULTIMA BATUCADA"、90年代のレア・グルーヴ・シーンでの再評価、そして近年「RARE GROOVE ATOZ」誌掲載でまたまた人気再燃した1975年のレアなブラジリアン・クロスオーヴァーの金字塔アルバム"Azimüth"等で知られるキーボードのホセ・ロベルト・ベルトラミを中心とするブラジル出身のJAZZ〜CROSSOVERのブラジリアン・フュージョン・グループ「アジムス / AZUMUTH」のナンバーをクラップ入りで取り上げたサンバ・フュージョン"TOQUE DE CUICA (鳴らせクイーカ)"、メンバーのピアノ小林修によるオリジナルとなる爽快なフュージョン・ナンバー"WINDY ISLAND"、アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲を波音を封入してしっとりとカバーした"LOOK TO THE SKY"等ジャケ通り真夏に聴きたい和製ブラジリアン・フュージョン・アルバム。

TRACK LIST

A1,WINDY ISLAND

A2,ULTIMA BATUCADA

A3,AQUELE UM

A4,MINHA

A5,ANTI CALYPSO

B1,SUNSET

B2,TOQUE DE CUICA

B3,VINHO ESQUECIDO

B4,ESCRAVA DA ALEGRIA

B5,LOOK TO THE SKY


YOUR RECENT HISTORY

new arrival

pick up

Twitter

Mobile