• 河合夕子 YUKO KAWAI / ジャマイカンCLIMAX / バスクリン・ビーチ (7
'82の記念すべきデビュー・アルバム"LITTLE TOKYO"からのカット。「あの日のレゲエが遠くに流れる〜♪ジャマイカのラムに誘われて熱い体で何かが変わったよ〜♪」なんて歌詞もイイ味出してるサマー・ポップの名曲"ジャマイカンCLIMAX"、クール・バスクリン・イメージ・ソングのサマー・バラードの名曲"バスクリン・ビーチ"をカップリング。

CONDITION(DISK/JACKET):EX/EX-

FORMAT:7" / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:EPIC SONY

CAT#:07・5H-88

COUNTRY:JPN

YEAR:1981

DETAIL

COMPANY SLEEVE。JACKET軽度のリングウェア。DISC状態良好。

COMMENT

愛媛県松山市出身のシンガー・ソングライター「河合夕子」の'82の記念すべきデビュー・アルバム"LITTLE TOKYO"からのカット。両面自作ナンバーでアルバム全曲を手掛けた「水谷公生」アレンジ。そしてコーラス・アレンジは浜田省吾の盟友で河合夕子等の作品でのアレンジでも定評のある「町支寛二」が担当。レゲエではありませんが、「あの日のレゲエが遠くに流れる〜♪ジャマイカのラムに誘われて熱い体で何かが変わったよ〜♪」なんて売野雅勇による歌詞もイイ味出してる美しいコーラス・ワークとオールディーズ調のアレンジと郷愁を誘うメロディーがナイスなサマー・ポップの名曲"ジャマイカンCLIMAX"、そして「カーラジオから波のニュース、ささやくDJ涙のダイアリー・・・香り上手なハワイ・オレンジ・・・今ではホノルル、カメハメハ〜♪」なんてこちらもハワイを題材にしたトロピカルなリゾート路線の売野の歌詞が秀逸すぎるクール・バスクリン・イメージ・ソングに起用されたサマー・バラードの名曲"バスクリン・ビーチ"をカップリング。リアルタイム世代の方には思い入れが強い楽曲です。

TRACK LIST

A,ジャマイカンCLIMAX / JAMAICAN CLIMAX

B,バスクリン・ビーチ BATHCLEAN BEACH

河合夕子 YUKO KAWAI / ジャマイカンCLIMAX / バスクリン・ビーチ (7")

07・5H-88

0円(税込)

在庫状況 売切れ中

購入数

CATEGORY

全ての商品 (新入荷更新順はこちら)

SPECIAL FEATURE / BLOG

TWITTER