• 本田竹彦(竹曠)と渡辺貞夫クワルテット / T. HONDA MEETS RHYTHM SECTION FEATURING S. WATANABE (LP)
'70のTRIOからの1STリーダー・アルバム"本田竹彦の魅力"。本田のオリジナルでアルト〜ピアノの順にグルーヴィーなアドリブが展開される"MINTON BLUES"、この時期本田が好んで取り上げたビートルズのカバー"HEY JUDE"等本田のソウルフルなフィーリングと演奏、抜群のアレンジで贈る記念すべき1STリーダー・アルバム。

CONDITION(DISK/JACKET):EX〜EX/EX-

FORMAT:LP / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:TRIO

CAT#:PA-9718

COUNTRY:JPN

YEAR:?

DETAIL

BEST JAZZ BEST RECORDING 1500。RE-ISSUE。SINGLE SLEEVE JACKET。

COMMENT

岩手県出身、フュージョン期にはネイティブ・サン (NATIVE SON)としての活動でも知られるジャズ・ピアニスト本田竹彦 (本名は本田竹広、アーティスト名は竹曠の時期もあり。)の渡辺貞夫をフューチャーした'70のTRIOからの1STリーダー・アルバム"本田竹彦の魅力"。1969年12月9日、東京銀座ヤマハ・ホールでの録音。本田竹曠(p)、渡辺貞夫(as)、鈴木良雄(b)、増尾好秋(g)、渡辺文男(ds)による編成。オリジナル・ナンバーと洋楽ヒット&スタンダードナンバーによる構成。本田のオリジナルでアルト〜ピアノの順にグルーヴィーなアドリブが展開される"MINTON BLUES"、この時期本田が好んで取り上げたビートルズのカバー"HEY JUDE"、渡辺貞夫のアルト・サックスから始まるスタンダード・ナンバーを取り上げた"星影のステラ"、本田のオリジナルでブラック・フィーリング溢れるSOUL JAZZナンバー"AIN'T TELL YOU A GOOD WAY BUT"等本田のソウルフルなフィーリングと演奏、抜群のアレンジで贈る記念すべき1STリーダー・アルバム。

TRACK LIST

A1,MINTON BLUES

A2,HEY JUDE

A3,BY THE TIME I GET TO PHOENIX

B1,AIN'T TELL YOU A GOOD WAY BUT

B2,STELLA BY STARLIGHT

B3,QUIET SEA

本田竹彦(竹曠)と渡辺貞夫クワルテット / T. HONDA MEETS RHYTHM SECTION FEATURING S. WATANABE (LP)

PA-9718

0円(税込)

在庫状況 売切れ中

購入数

CATEGORY

全ての商品 (新入荷更新順はこちら)

SPECIAL FEATURE / BLOG

TWITTER