• 矢野顕子 AKIKO YANO / JAPANESE GIRL (日本少女) (LP)
  • 矢野顕子 AKIKO YANO / JAPANESE GIRL (日本少女) (LP)
  • 矢野顕子 AKIKO YANO / JAPANESE GIRL (日本少女) (LP)
  • 矢野顕子 AKIKO YANO / JAPANESE GIRL (日本少女) (LP)
「JAPANESE CITY POP」、「SURBURBIA SUITE 19960214 / SUBURBAN / FREE SOUL / フリーソウル」誌掲載。'76の記念すべきデビュー・アルバム。ストレンジな矢野のピアノが炸裂するアブストラクトな名曲"気球にのって"、ブレイクビーツから入るローウェル・ジョージが尺八を担当したオリエンタルな"クマ"、等、自身のルーツとなる津軽民謡や和楽器を多用して日本の伝統音楽を取り上げながらもポップスとして昇華した伝説的なデビュー・アルバム。

CONDITION(DISK/JACKET):EX〜EX-/EX-

FORMAT:LP / ***アナログレコードです。CDではありません***

LABEL:PHILIPS

CAT#:FW-5012

COUNTRY:JPN

YEAR:1976

DETAIL

ORIGINAL 1ST PRESS。帯なし。JACKETリングウェア・角打ち。天部剝れ・スレ。見開き歌詞INSERT付。DISC音に影響の無い薄いスレ小ありますが全体的に状態良好。

COMMENT

'「JAPANESE CITY POP」、「SURBURBIA SUITE 19960214 / SUBURBAN / FREE SOUL / フリーソウル」誌掲載。'76"JAPANESE GIRL"でデビュー後、現在まで刺激的で勢力的な活動を続ける元・坂本龍一の妻としても知られる才女「矢野顕子」'76の記念すべきデビュー・アルバム。AMERICAN SIDEと題したA-SIDEはローウェル・ジョージ (Lowell Thomas George)在籍時のリトル・フィート(Little Feat)をバックにL.A.録音、JAPANESE SIDEと題したB-SIDEは細野晴臣・林立夫等ティン・パン・アレー、あがた森魚、かしぶち哲郎、鈴木慶一、鈴木博文、駒沢裕城等はちみつぱい・ムーンライダーズ人脈が参加した構成。プロデュースは矢野誠と矢野顕子。後の79年のライブ・アルバム"東京は夜の7時"にYMOの面々が参加したライブ・テイクでも知られる早すぎた感性が爆発しストレンジな矢野のピアノが炸裂するアブストラクトな名曲"気球にのって"、ブレイクビーツから入るローウェル・ジョージが尺八を担当したオリエンタルな"クマ"、現在まで度々ライヴで演奏される初期の代表曲"電話線"、津軽民謡「ホーハイ節」を下敷きにルーディーなレゲエの裏打ちが独特のノリを生んだ"津軽ツアー"、作曲:古賀政男、藤山一郎が歌った昭和の名曲を颯爽と取り上げた"丘を越えて"等、自身のルーツとなる津軽民謡や和楽器を多用して日本の伝統音楽を取り上げながらもポップスとして昇華した伝説的なデビュー・アルバム。ちなみにあがた森魚のアルバム"日本少年"へのアンサー・アルバムとして対となる作品。数々再発されていますがオリジナル(FW-5012)となります。

TRACK LIST

A1,気球にのって

A2,クマ

A3,電話線

A4,津軽ツアー

A5,ふなまち唄 PART II

B1,大いなる椎の木

B2,へこりぷたぁ

B3,風太

B4,丘を越えて

B5,ふなまち唄 PART I

矢野顕子 AKIKO YANO / JAPANESE GIRL (日本少女) (LP)

FW-5012

1,580円(税込)

購入数

CATEGORY

全ての商品 (新入荷更新順はこちら)

SPECIAL FEATURE / BLOG

TWITTER